上尾市社会福祉協議会は、人と人との関わりを大切にし、少しでも優しく思いやりのある地域づくりを目指す非営利の民間組織です。

原市支部

H30年度

「地域の困りごとを掘り起こすために何をすべきか」!

事業名 原市支部 地域福祉懇談会
実施日時 平成30年11月10日(土)
実施場所 原市公民館 体育室
参加人数 75名

画像の説明
画像の説明

今年の原市支部地域福祉懇談会は大勢の福祉関係者が参加し、「地域のちいさなたすけあいPART3」をテーマに開催されました。支部ではサロン活動は8割超の地区で実施、現在はもっぱら助けあい活動を展開中です。 事例報告で、区長自ら助けあい活動を始め、その姿をみて周りの人達も協力し、助けあい活動立ち上げの機運がより高まりました。という発表に参加者から大きな拍手を浴びました。大変有意義な懇談会でした。

元気フェスタ原市2018へ参加しました!

事業名 元気フェスタ原市2018
実施日時 平成30年10月14日(日)
実施場所 原市小学校 校庭
参加人数 112名 協力者25名

画像の説明
画像の説明
画像の説明

ボランティア活動の啓発を目的に、車イス・アイマスク体験と手話教室を開催しました。会場において見守り事業のカラーベストを協力者に着てもらい、支部社協の存在をアピールしました。赤い羽根共同募金への協力も会場で訴えました。
天候が不順な状況だったにもかかわらず、たくさんの参加がありまし
た。

原市元気フェスタ事前学習をおこないました!

事業名 車イス・アイマスク擬似体験
実施日時 平成30年10月4日(木)
実施場所 原市公民館
参加人数 17名
講師  上尾市社会福祉協議会 支部担当者

画像の説明
画像の説明

今年も原市元気フェスタ(10月14日実施)に当たり車イス・アイマスク擬似体験の事前学習を原市公民館で実施しました。当日は、雨模様なので館内の研修となりました。多くの参加者から「経験する都度、障がい者の方の気持ちを理解し障がいを持っている人の大切さを改めて認識し、心のこもった対応が必要であると感じております」との感想でした。