上尾市社会福祉協議会は、人と人との関わりを大切にし、少しでも優しく思いやりのある地域づくりを目指す非営利の民間組織です。

ボランティアセンター

はじめに

 ボランティア活動とは、誰かに強制されたり、義務としてではなく自らすすんで行う、無償の活動です。

 ボランティア活動は、自分の興味や関心のあることや自分の時間に合わせてなど、自分らしく活動できるものです。

 そして、ボランティア活動には、新しい「出会い」や「学び」があります。

 ただし、ボランティア活動は、相手がある活動です。
 自分の都合だけで行う気ままな活動ではありません。必ず、ルールや責任が伴います。
 ルールを守り、お互いに楽しい活動になるようにしましょう。

ボランティア活動10の約束

1.自分が希望して活動する。

「活動したい」という思いを行動に移すことで、活動が始まります。

2.無理のない活動をしよう!

ボランティアは継続することが大事です。無理なく、自分のできる範囲で行いましょう。

3.相手の気持ちに合わせた活動を!

活動には相手があります。常に相手の気持ちになって考え、行動することが大切です。

4.約束を果たすのはすべての基本

約束したことは、どんな小さなことでも守ること。安請け合いは、信頼関係を崩す原因です。

5.プライバシーを守る

相談された悩みや活動の中で知った事柄など、他の人に話すのは厳禁です。

6.相手と自分自身の安全に気配りを!

事故が起こらないよう、気を配ることはもちろん、万一の事故のときの対応も考えておきましょう。また、活動前にはボランティア活動保険に加入するようにしましょう。

7.家族や周囲の理解を得ましょう

家庭や仕事を犠牲にせず、周りの温かい協力や理解を得て活動に参加しましょう。

8.対等な関係を!

「してあげる」という気持ちでは信頼関係は築けません。「お互いさま」の気持ちで活動しましょう。

9.ボランティアも地域社会の一員

ボランティア自身も社会の中で生きています。地域社会の主体者として考えることも大切です。

10.たえず学習し、自分を成長させよう

ボランティア活動は、活動を通して相手から学ぶ相互的な活動です。
常に学び、より良い活動につなげましょう。